紫外線による肌、体へのダメージを知っておくべき

紫外線によるダメージや病気

私達の体には毎日紫外線が降り注いでいます。太陽光の放射によって地表に降り注ぐ紫外線には、皮膚や体にダメージを与えるリスクがあります。では、一体どんなリスクを伴うのかお話していきます。

 

紫外線による肌へのダメージ

紫外線を浴びると皮膚がそれを感知して、体内でメラニンが生成されます。このメラニンは紫外線から肌を守る役割がある反面、増えすぎたメラニンは「シミ」や「シワ」や「くすみ」を引き起こします。紫外線を多量に浴びてメラニンが増えたり、長年蓄積されて溜まってしまったメラニンは、体内で処理しきれずに肌トラブルになって現れます。

 

その他にも、日焼けによる一時的な火傷の症状も見られます。体への害が大きい紫外線B波を浴びてしまった肌は、赤く炎症し痛みを伴います。これを「サンバーン」と言います。サンバーンになった肌は、皮がめくれたり、ひどい場合は水ぶくれになる事もあります。

 

そして、一番恐ろしい皮膚へのダメージが「皮膚癌」です。体質や肌質、メラニン量でリスクは異なりますが、紫外線で細胞が破壊されたり損傷する可能性も否定できません。

 

紫外線による体へのダメージ

肌以外でも、紫外線によるダメージを受ける場合があります。それは、目に起こる「白内障」です。加齢や老化が原因とされている白内障ですが、紫外線の影響も関係しているということがわかりました。それから、白内障と同じく目の病気で「雪目」という症状もあります。名前の通り、雪による太陽光の反射で角膜が傷ついて起こる病気です。

 

紫外線を浴びた後、目が霞んだり、ゴロゴロしたり、見えにくくなったと思う時には、眼科の受診をオススメします。このように、紫外線の影響によって起こる体へのリスクは多く存在します。紫外線は適度に浴び、決して浴び過ぎないように上手に付き合っていくことが大事なのです。