皮膚癌からの日焼け対策&犬の散歩時の実用的な日焼け対策

皮膚がんになり日焼け対策には気を使っています

今回は皮膚癌になった人、動物の散歩中の日焼け対策など体験談を募集して投稿してもらいました。皮膚トラブルが心配な人、動物を飼っている人は必見のお話になるのでチェックしてください。

 

私は40代の女性です。子供のころから真っ黒で毎年海に山に出かけて日に焼けてきました。子供は元気で外で遊ぶのが一番とすごく黒かったですね。大人になっても黒いほうがかっこいい時代でしたからガンガン日焼けしていました。

 

しかし時代は美白の時代に突入し周りの女性はなんとかして白くなろうとしていましたね。しかしあいかわらず私は日焼け止めなんて使ったこともないし日焼けはしなくても無防備なままでした。そんな私にも日焼け対策をしないといけない事態がおとづれたのです。顔に大きなシミができだんだんとこれが盛り上がってきたのです。最初は小さいほくろのようなものでしたが、盛り上がり気持ち悪いほどの大きさになってしまいました。

 

皮膚科を受診するとなんと皮膚がんでした。すぐに手術をしたので助かりましたが、以来日焼け止めはかかさずに塗りなるべく太陽に当たらないようにしています。先生曰く皮膚がんの原因はやはり日焼けだそうです。私は猛烈に反省し、今では子供たちにも日焼け止めを1年中使うように言っています。紫外線の恐ろしさを知り日焼けでがんになるんだよと周りの人にも注意しています。これからの季節はなるべく外出を避けておとなしくしています。

毎日散歩をするので日焼け対策をしっかりと

ワンコを飼い始めてから当然ですが、毎日散歩に行っています。しかも最低でも30分程屋外に居るので日焼け対策が必須なのです。ワンコの散歩じゃなければ日傘を差したり出来るのですが、さすがにワンコを連れて片方の手にはお散歩バッグを持っているので日傘は実用的ではありません。

 

シミやそばかすを防ぐ為に特に顔にはしっかりと日焼け止めを塗っています。勿論、腕や足にも忘れず塗る様にしていますが、足は殆どパンツで散歩しているので日焼け止めは塗ったり塗らなかったりなのです。

 

日焼け止めってちょっと皮膜感がある物が多いので、その様な物は苦手なので、皮膜感が割りと少ないと評判だった、ジルスチュアートから出た、リラックスミネラルUVプロテクターにしました。さらっとした塗り心地で、沢山付けても皮膜感が無いので快適なのです。何より香りが爽やかでとっても心地良いんです。日焼け止め特有の厚ぼったさが全然無いので毎日ジャンジャン使っています。

 

シミが出来てからでは遅いので、早めに対策する事が重要なんですよね。顔だけじゃなくて、デコルテや背中や首も意外と日焼けしてしまうので、ちょっと手が届き難い部分にはスプレータイプの日焼け止めでしっかりとケアをします。