夏子の日焼けしないための工夫ガイド

夏子の日焼け対策のまとめ

日焼け対策の基本と言ったら「日焼け止めクリーム」シーンに応じてSPFを選ぶことができ、水のようにサラっとしたものや、ウォータープルーフタイプのものまで種類は様々です。最近では、普通の石鹸でスッキリ落とせるものがあるので、とても使いやすいです。

 

外出時の必須アイテムと言えば「帽子」「ストール」「アームカバー」夏になると、ツバの拾い帽子を被った女性を多く見かけます。それと同時に、首にはストールを巻き、腕にはアームカバーが常識ですね。

 

日焼け対策上級者は「日傘」に「サングラス」が基本です。日傘は、つま先から頭の天辺までの体全体を紫外線から守ってくれるアイテムなので、とても役立ちます。サングラスは、目からの紫外線をカットしてくれる心強いアイテム。眩しい日差しを遮る上に、紫外線対策も可能なのです。

 

これらのアイテムの事をまとめて「日焼け対策ファッショングッズ」といいます。その日の洋服に合わせて、色やデザインをコーディネートすることも1つのオシャレの楽しみです。帽子やストール、アームカバー。ちぐはぐなもので揃えるよりは、ファッション的なことを考えて合わせる方が、上級者のオシャレです。

 

そして、最近浸透してきている日焼け対策は「飲む日焼け止めサプリメント」日焼け止めクリームのように体に塗らずに済み、サプリメントを飲むだけで紫外線をカットする効果が現れます。

 

ココからは、知っておきたいお役立ちアイテム!

夏場はスカートを履く機会が増えますが、そんな時に役立つのが「紫外線防止ストッキング」スカート焼けやパンプス焼けを防いでくれます。黒い服は熱を吸収してしまうので、みなさん白い服を選びがちですが、それはNG。

 

白い服は反射板と同じ働きで日差しを反射してしまい、跳ね返った紫外線が顔に直接当たってしまいます。トップスには黒系の洋服で、UVカット素材のものがオススメです。

車の運転で…ワンちゃんのお散歩で…。「少しの外出だから平気」だと思い日焼け対策をせずに外に出た為、うっかり日焼けをしてしまった…なんてことありませんか?そんな時、「どうせ焼けちゃったから諦めよう」「逆に焼いちゃえ!」なんて考えたりしませんか?まだ間に合います!お肌のダメージを改善し美白に戻しましょう。ステップ1まずは、どこが焼けてしまったかを確認する。そして、日焼けした部分を冷やしましょう。ステップ2重ね焼きにならないように、日焼けした部分を紫外線から守ります。充分な保湿が必要です。ステップ3美白系化粧品を使用しましょう。顔だけでなく、体にも使用して下さい。ステップ4徹底した日焼け対策を行いま...
私達の体には毎日紫外線が降り注いでいます。太陽光の放射によって地表に降り注ぐ紫外線には、皮膚や体にダメージを与えるリスクがあります。では、一体どんなリスクを伴うのかお話していきます。紫外線による肌へのダメージ紫外線を浴びると皮膚がそれを感知して、体内でメラニンが生成されます。このメラニンは紫外線から肌を守る役割がある反面、増えすぎたメラニンは「シミ」や「シワ」や「くすみ」を引き起こします。紫外線を多量に浴びてメラニンが増えたり、長年蓄積されて溜まってしまったメラニンは、体内で処理しきれずに肌トラブルになって現れます。その他にも、日焼けによる一時的な火傷の症状も見られます。体への害が大きい紫外線...
今回は皮膚癌になった人、動物の散歩中の日焼け対策など体験談を募集して投稿してもらいました。皮膚トラブルが心配な人、動物を飼っている人は必見のお話になるのでチェックしてください。私は40代の女性です。子供のころから真っ黒で毎年海に山に出かけて日に焼けてきました。子供は元気で外で遊ぶのが一番とすごく黒かったですね。大人になっても黒いほうがかっこいい時代でしたからガンガン日焼けしていました。しかし時代は美白の時代に突入し周りの女性はなんとかして白くなろうとしていましたね。しかしあいかわらず私は日焼け止めなんて使ったこともないし日焼けはしなくても無防備なままでした。そんな私にも日焼け対策をしないといけ...
今日は外出しないから…と言ってスキンケアを怠ったり、日焼け止めクリームを塗らずに1日を過ごすのは非常に危険!!家にいたって紫外線を浴びているんです!!知らず知らずのうちに浴びてしまっている紫外線。蓄積するとシミやシワの原因になりますよ。今は大丈夫だと放おっていても、10年後20年後に後悔する時が来るんです。将来のお肌の事を考えて、今からしっかりと考えていきましょう。例えば、ポストに新聞を取りに行く。庭のお花に水をあげる。ベランダで洗濯物を干す。リビングの窓際でテレビを見る。この様な行動が、日焼けの原因になっています。紫外線は一年中降り注いでいますから、夏以外でも気をつける必要があるんです。ちょ...